オトナの女性の・心とカラダに優しい・シンプルな暮らし

アンポジティブ・気持ちの落ち込みをコントロール「ごきげん力」を整えて素敵な女性になる

気持ちをメモる

こんな気分になること、ありませんか?

アンポジティブな落ち込み

  • 気持ちが晴れない
  • 集中できない
  • やる気が出ない
  • ココロが重たい
  • わくわくしない

特に女性は生理や排卵の周期などで「アクティブ期」と「モヤモヤ期(センシティブ期)」を行ったり来たり・・「毎月のことだし、ホルモンはコントロールできないから仕方ない」そう思ってはみるものの、できれば気分良く毎日を元気に過ごしたいですよね。

女性特有のゆらぎ(更年期)は、実は「35歳~45歳をプレ更年期として始まっています。

だからといって、気持ちがポジティブになったり落ち込んだり・・「ゆらぐ」のを女性ホルモンのせいにして仕方ないと諦めて過ごすのはもったいない・・!(>_<)

もしかすると全く違うところに原因があるのかも・・? 気持ちが落ち込んでいる今だからこそできることをまとめます。

気分の落ち込みをメモしてリズムを知る

気持ちをメモる

↓ 矢印はアンポジティブ、↑ 矢印はポジティブ、どちらでもない日はノーマーク(笑)

まず私が行っているのが、気持ちの落ち込みやイライラを手帳にメモること。

手帳の見開きページにある年間予定表を使っています。年間予定表を他のメモに使っている人は、どこかでプリントアウトしてきてもいいですね。

  • 気持ちがポジティブな日は「↑」矢印
  • 気持ちがアンポジティブな日は「↓」矢印
  • どちらでもない平常心な日はノーマーク
  • とくにイライラが止まらない日は赤字
  • 食事内容など特記することも

必ずしも毎日メモする必要はありません。「今日はめっちゃポジティブだった!」「今日はクヨクヨして仕事も家事も捗らなかった・・」そんな日だけ記録します。あんまりごちゃごちゃ書きすぎると、パッと見て分かりにくくなってしまうので。

ちなみに私が使っている手帳はこちら>>

年間予定表にメモする内容(1)生理日

生理日を月別(マンスリー)に記録している女性は多いですよね。私も記録しています。ただ、この方法だと1年間を俯瞰(ふかん:なんとなくみる)するにはちょっと不便。

婦人科受診のときに聞かれる「最終月経の開始日と終了日」も、婦人科疾患が疑われるときには3ヶ月分聞かれることも・・年間予定表にメモしていれば、受診前にスマホでパチリと1枚だけ撮影していけばいいので便利です(#^^#)

生理日が分かれば排卵期も分かるので、「あぁこの排卵期はイライラしてたんだ」「今月は哀しかったのか」などリズムがみえてきます。

年間予定表にメモする内容(2)アンポジティブな気持ち

次に記録しておくのは、冒頭にあげたようなネガティブ(アンポジティブ)な気持ちが続く日。

何か嫌な出来事があって気持ちが落ち込むのは当然のこと。嫌な出来事があっても気持ちが上を向いているときはポジティブに変換できるので、出来事ではなく「その日の自分の気持ち」に注目します。

特に「大した理由もないのに気持ちがモヤモヤと落ち込んでいる日」。そのモヤモヤがずーっと続くような時期。

そして気持ちの落ち込みが続くときに是非チェックして欲しいのが、食事の内容(栄養素)。理由は後述します。

年間予定表にメモする内容(3)ポジティブな気持ち

女性であることを楽しむ

これも出来事とは別に、心の状態で記録します。

  • 目覚めはスムーズだった?
  • ポジティブな気持ち?
  • 胃は重たくない?
  • 自然に微笑んでいる?

そして、ココロとカラダが快適な状態のときに記録して欲しいのも、そのとき食べている食事内容(栄養素)。

食べた栄養素を俯瞰(ふかん)でメモる

気持ちの落ち込みが続く時期は「やる気」も連動して落ちるので、食事も適当に済ませてしまいがち・・。

手軽に「空腹を満たすだけの食事になっていないか?」気をつけます。私の場合でいえば、残り物をランチで食べ続けていることも(大量に茹でたパスタを3日間食べていたり)。

調子の良いときと悪いときの食事内容を比較する

おひとり様ランチ

餃子は残り物・・(笑)今なら豆腐をつけます

そして、気持ちがポジティブで上向いているときによく食べている栄養素と比較します。

  • 気持ちがポジティブなとき・・野菜や豆腐・納豆、卵、シリアルやヨーグルトを毎日食べている
  • 気持ちの落ち込みが続くとき・・炭水化物と肉メインの食事、野菜不足、魚不足

上記は私の場合ですが、人によって積極的に取るべき栄養素(消化吸収しやすい、代謝のバランスなど)は異なるので、あなただけのデータをぜひメモってみてください。

いやちょっと面倒、調子がいいときがありません!って人におすすめなのは、DNA検査

気持ちの落ち込みをサポート!積極的に取るべき栄養素をDNAレベルで知る

DNA検査

人によって似合う色が異なるように、消化吸収・代謝が得意な栄養素は異なります。

私の場合はたんぱく質の消化吸収が人より早いので、たんぱく質が不足しがちな体質。上記したように気分の良しあしをメモることで把握することもできますが、より確実なのはDNA検査。

上記DNA検査はダイエットを目的に設定してありますが、自分が消化しにくい栄養素に食事が偏ると、それだけ代謝が悪くなり、体内に食べものが残ってしまうので無駄に吸収してしまい太りやすくなるのです。

なので、「自分のカラダの状態が良くなる食事(栄養素)を知って、自分が消化吸収が得意ではない栄養素は控えましょう」という目的のDNA検査。

私の場合は、なんとなく納豆や豆腐や玄米ご飯の食事だと調子がいいなぁと感じていましたが、DNA検査結果をみて確信できました(●^o^●)食事が、手軽な麺類や炭水化物メインな日が続くとメンタルもアンポジティブに傾くのを感じます。

検査費用は5,000円くらい。口腔内を綿棒でなでるだけのDNA簡易検査キットですが、あなたが積極的に取るべき栄養素やなるべく控えた方が良い栄養素など分かるのでおすすめ。

アンポジティブ・気持ちの落ち込みをコントロールして素敵な女性になる方法:まとめ

ごきげん力

「心身共にポジティブに過ごす=心も体も健康に過ごす」ために挙げられる食べものが、Aさんにとっては消化吸収しやすい栄養素であっても、私にとって良いとは限りません。

自分がベストの状態で日々を過ごせるように、どんな栄養素を積極的に食べるべきか?もしくは控えるべきか?遺伝子レベルで知っておく。DNAは一生変わりませんからね(#^^#)

合わせて、生理周期や気持ちが落ち込む日をメモっていけば、「特に理由はないんだけど気持ちが落ち込む・・」といったモヤモヤな日を「ごきげんな日」に変えていけます。私もまだまだ「ごきげん力」を鍛えている途中。

素敵な50代女性になれるよう、35歳~45歳のプレ更年期も大切に過ごしたいです。