オトナの女性の・心とカラダに優しい・シンプルな暮らし

【確定申告】しないとどうなる?「脱税」実体験を寄稿記事に書きました!

脱税体験談

個人のちょっとの副収入を確定申告しなかった・・ら、ある日突然のピンポン。

モニター越しに見て人目で「税務署の人だ!!!」と心臓がザワつきました・・(@_@。

  • 腕時計も車もマンションも、高い買い物していなかった
  • 口座に入金されたまま
  • ネット収入のことは家族しかしらない

そんな私のところにも税務署の人は脱税調査にやってきました。

「クロネさんの副業ブログ」に【脱税調査体験談】を寄稿しました

脱税体験談

ブロガーとして超有名で人としても尊敬できる「クロネさん(@kurone43)」へ寄稿しました。

Sarryの脱税体験談を読む

こちらの記事、私の実体験を書いております。

ある日突然、自宅にピンポンとやってきた税務署の人。納税していなかった(確定申告していなかった)私の体験談を書いています。

なぜ確定申告していなかったことが税務署にバレたのか?

詳しくは上記体験談に書いていますが、私への支払いは相手方にとって「経費」

普通に経費として確定申告に計上されています。

税務署は「本当にこの人に報酬(経費)が支払われたのかな・・?」と調査したところ、私からの確定申告は未提出。あ、この人脱税してるじゃん!!とバレてしまいます。

もちろんそれ以外にも、密告やスクリーニングの調査で探り当てられてしまう・・

口コミAさん

でも、周りで税務署からお尋ねがきた経験がある人、いないよ?

sarry(さりぃ)

普通に恥ずかしいことですからね・・追徴課税のショックもあるし、言わないかも

副業の稼ぎは少なくても確定申告しておこう!

「少額なおこづかい稼ぎ程度の金額だからバレないだろう・・・」はもう通じません。

この体験はTwitterやFacebookも無かった(と思う)11年も前の体験談ですからねっ!

今はAIだってありますし、なんなら、”パソコンやスマホで確定申告まわりのキーワードを検索した履歴で、脱税や無申告の可能性のある人物をピックアップする”というプログラムだってありそうだし。

「税務署 調査 個人」とか「確定申告 必要?」「確定申告しないとどうなる?」・・・なんて検索していると税務署の「調査対象者リスト」に入っちゃうかもですね。(可能性のお話しです)

確定申告するだけの収入がある方は、損が出ていようがいまいが、経費を引いて手元に残ったお金(報酬)が20万円未満でも、定められた基準額以上の収入があれば確定申告しておきましょう(てか義務です)

「国を敵に回すのは得でもなんでもありません!」

 

Sarryの脱税体験談を読む