オトナの女性の・心とカラダに優しい・シンプルな暮らし

自宅で大分別府温泉「湯の花」入り入浴剤を使用した感想口コミ

疲労回復や肩こり、冷え性や肌荒れ等の効果を求めて温泉へ行かれる方は多いと思います。
私も九州に住んでいた頃は、温泉宿にお風呂だけ入りに行く、とか日常的に「温泉」を身近に感じていました。

今回は、「おウチで温泉感が味わえる!」と評判の【オブクレイ】温泉入浴剤を頂いたので、おウチで温泉(*^▽^*) レビューしたいと思います!

【オブクレイ】温泉入浴剤を知ったキッカケ

春先から続く「足先の冷え」そして、夏の疲れやクーラーからくる冷え・・・子供たちも少し食欲が落ちてきた!家族の乾燥肌や疲労回復をケアしたい!

そんな時に知人から「いいよっ!」とサンプルを手渡しされたのが【オブクレイ】温泉入浴剤でした。

  • オブクレイ オリジナル(muku・無垢)60g×1袋
  • オブクレイ ウォーム(nukumori・温もり)60g×1袋 の2袋入り

「ご試浴セット」とあるので、サンプル品というよりも現品のようです。

それにしても立派な「ご試浴セット」ですよね 本格的です!これは一人でじっくり入浴したい(笑)

自宅で温泉に入ったのと同じ効果を味わえる温泉入浴剤

【オブクレイ】は、冷え症や肌荒れ、肩こりや疲労回復を求めて購入される方が多いのだそう。温泉といえば疲労回復ですものね

温泉につかった時のようなまろやかな湯質と、湯上りに持続する温もり。
ヌルヌル、さらさら、ぽかぽか・・・といった“温泉感”を自宅の湯船で味わえるってステキ

でも・・・うちの次男は肌が少し弱いのです!
だからたまに温泉に行っても部屋で普通の風呂に入ったり、大浴場のシャワーで済ませたり、、
そこで、これを機に、温泉とアトピー性皮膚炎の関係について調べてみました。

温泉はアトピー性皮膚炎に良いのか?

”原因不明のアトピー性皮膚炎に温泉はどれだけ効くのか、北海道立衛生研究所(札幌市)が科学的な調査を進めている。アトピーの症状が温泉で改善する例は多いが、現状は民間療法どまり・・・【オブクレイ】HPより抜粋”

温泉に浸からなくても、成長と共に改善していく可能性もあるでしょうから、実際に「温泉がどれだけアトピー性皮膚炎に効いているのか?」って調べるのは難しいのかな。

ただ、その温泉の種類にもよるようです。
調べてみると【オブクレイ】の温泉入浴剤はOK!(^◇^)やったー!

大分・別府温泉「湯の花」の効用が詰まってる!

【オブクレイ】は、大分県別府市にある別府温泉の温泉(湯の花)の効用をぎゅっと閉じ込めた入浴剤 です。でも、温泉でよく聞く「湯の花」って何なのでしょう?

温泉のお湯の中をフワフワと浮かんでいるものが「湯の花」

一般的に湯の花と呼ばれているものは、地中では温度と圧力によって温泉に溶け込んでいる成分が、地表に上がるにしたがって冷まされ、圧力がなくなり、酸素と結びつき、過飽和状態となって、固まって結晶化した姿が「湯の花」ということになります。
カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、鉄分などのミネラルが豊富なために浴槽に堆積するほどの湯の花が出来てしまうこともあります。―――【ofclay(オブクレイ)】HPより抜粋―――

源泉かけ流しなどの温泉へ行くと、浴槽になにか珊瑚っぽいカルシウムっぽい塊がこびりついていたりしますよね。ああいうのが こびりつく前の状態でフワフワとお湯の中を舞っている・・・それが「湯の花」ですね^^

初めて見たときは「ゴミかな?!」とビックリしたけど(笑)
「お湯の中を舞う花びら」って表現なのでしょうね ステキ~~

療養温泉の約1,000倍の濃度「エンリッチミネラル」青粘土

【オブクレイ】の説明書を見ていると、”療養温泉の約1,000倍の濃度「エンリッチミネラル」”別府温泉精製 湯の花エキスついて書いてありました。

別府温泉って子供の頃から割と気軽に行っていたけれど、「実はもの凄い温泉だったんだな~」と今更ながらに知りました^^;

よし!これからは自宅で気軽に別府温泉に入っちゃおう!(*^▽^*)

試浴セット「muku(無垢)」と「minukumori(温もり)」

お写真、左側が『 オブクレイ オリジナル(muku・無垢)』・・・香料も着色料も無添加。
なにも飾らずに、素材そのものの良さを感じて欲しいという思いを込めて「muku」(無垢)と名付られたのだそう。

そして、右側が『 オブクレイ ウォーム(nukumori・温もり)』・・・こちらは香料として「精油:シダーウッド、ユーカリ、ライム、ヒバ・ジンジャー」が使われています。「温もり」が得られるようにジンジャーやシダーウッドなど体をより温める精油が使われているのですね

それでは1つ1つについて詳しくみて、入浴(ここでは手浴の様子をお届けします!)レビューいってみよう!

何故、1袋60g入りなのか?

その前に・・・何故、1袋60gなのかな?と気になったので調べてみました(笑)

薬用入浴剤は、厚生労働省の浴用剤製造(輸入)承認基準に準拠しなければなりません。以前は1袋20g~30gの製品もありましたが、近年、少しくらいお値段が高くても効果を求めたい。そんな方が増えていています。そこで、浴湯200Lに対し1袋約60gの割合に決めました。―――【ofclay(オブクレイ)】HPより抜粋―――

でも、以前は浴槽の湯量180L~200Lに対して20~30gで効果があった訳ですから、1袋60gの中から「今日は20gで良いや」という日もあれば、「今日はすっごく疲れた!今日はすっごく寒くて体が冷えたから60gにしよう!」など、その日の体調や気分に合わせていいそうです^^

疲労度や気候は日々変化しますものね。すごくいいお話し伺えました♪

オブクレイ「muku(無垢)」に入浴した感想レビュー☆

とてもきめ細かい粒子です 少し黄色がかっています。

原料である「青粘土」は、精製・濃縮すると琥珀色に輝くリキッドへと変化するのだそう。
この黄色は、その「琥珀色」の湯の花エキスの色 なのですね!

効能

効能は・・・冷え症、荒れ性、神経痛、リウマチ、しもやけ、ひび、あかぎれ、うちみ、くじき、肩のこり、腰痛、痔、あせも、しっしん、疲労回復、産前産後の冷え症、にきび

産前産後の冷え症」って珍しい!

45度位のお湯に溶かしてみました。少しシュワシュワっとしました!匂いは特に感じず~

お風呂の定番、アヒルちゃんに入浴してもらいました(*^▽^*)

人肌になったところで、【ofclay(オブクレイ)】「muku(無垢)」を手浴してみましたっ!

なんだか少しヌルっとする~。説明書にあるように、浴槽では用心しないと滑るかも!ほんの少しのヌルっと感だけど、子供やお年寄りの方には注意が必要かも。

手浴だけどポカポカ、じんわり温まる~ 夏も終わるこの時期は我が家は体調を崩しやすいので、今日からしっかり湯船に浸かって温まりたいです!

【ofclay(オブクレイ)】「minukumori(温もり)」に入浴した感想レビュー☆

そしてお次は、【ofclay(オブクレイ)】「minukumori(温もり)」です。こちらはほんのりピンク色

効能は「muku(無垢)」と同じようです^^

ほんのりピンク色に気持ちまでほんわか~。いざ、投入!

こちらはお湯の色は変化ナシ。薄いピンク色の入浴剤なので、実際にはうす~~くピンク色なのかもですね^^

こちらも手浴してみましたっ!手浴だけでもじんわりポカポカ、全身温まる~お湯のヌメりがお肌に柔らかくて、優しい湯あたりです。これなら肌荒れしやすい次男クンも安心して入浴させられます。

残りはゆっくりじっくり・・・全身浴で楽しみたいと思います(*^^*)

温泉入浴剤はこんな人にオススメ!

こんな風にアロマランプを浮かべて・・・ゆっくり・じっくり入浴したい【ofclay(オブクレイ)】温泉入浴剤。温泉の恵みがぎゅっ!っと詰まっているのを感じます^^

  • ココロとカラダを正常な状態へと近づけたい
  • 体の冷えを芯から温めたい
  • 乾燥肌をしっとり肌に改善したい
  • 肩こりや疲労回復をおウチの湯船でカンタンに解消したい
  • おウチで毎日、温泉感を楽しみたい

東京にいながら大分・別府温泉を毎日楽しめるなんて、とっても贅沢なシアワセ!オススメです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です