オトナの女性の・心とカラダに優しい・シンプルな暮らし

二十四節季【冬至(とうじ)】は「陰」の気が極まる、昼間が最も短い日

今日スーパーの入り口に柚子とカボチャが並べてあり、「あっ、冬至だ」と気が付いたsarry(@meneki_up)です。

12月22日は「冬至(とうじ)」は、一年で最も昼間の明るさが短い日。

お日様が当たらない真冬の1日は寒さも増しますよね。それで、風邪をひきにくいようにとカボチャを食べたり、ゆず湯に浸かる昔ながらの風習があります。

カボチャはカロテンやビタミンB1やB2、ビタミンCも含む風邪をひきにくくする栄養素満点の素材です。

「冬至(とうじ)」の日は陰陽思想ではマイナスな気である「陰」が最も極まる日でもあり嫌われがちですが、逆に考えるとこの日が底辺なので、12月22日以降はプラスの気「陽」が増えていくという考え方もできます^^

冬至は12月22日から新年1月4日まで

年末年始の慌ただしくなる時期ですが、なるべくスローペースで1つ1つのことを丁寧に済ませていきたいです(*^^*)

 

\ブログランキング参加しています/

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です