オトナの女性の・心とカラダに優しい・シンプルな暮らし

自分でやる【合同会社の設立方法】事前準備から登記完了後にやること全て

合同会社設立方法

もくじ

自分で「法人化しよう!」と思う人に超絶おすすめの記事。

ブロガーやアフィリエイターの法人化は、合同会社がおすすめ

個人事業主としての収入が500万円/年を継続して越えるようになると、法人化した方が税金面でもお得・・じゃあ「法人化しよう!」って流れになると思います。

法人化=株式会社って思いがちですが、

  • 株式公開を目標にしている
  • 株式会社であることが、取引先との条件になっている
  • 株式会社にした方が税金面で得

などの理由がなければ、個人的には「合同会社」がおすすめ(*^^*)

理由は登記にかかる手間も費用も抑えられるから

理由は、株式会社と合同会社を比較すると、合同会社の方が用意する書類の数も少なく、申請費用も安くすむから。

単純に申請費用だけを比較してみても、株式会社の設立費用は約24万円。合同会社は約6万円で法人化できちゃいます。

*定款は電子定款とする
*どちらも自分でやった場合

 

会社設立時には、地方税や厚生年金と健康保険組合への加入などで費用がかさむもの。

*厚生年金に加入せず、国民健康保険のままでいる方法もあります。ここでは省略

 

「株式会社」の社長や代表取締役という肩書に憧れる人は多いと思いますが、初期費用や登記に発生する費用をなるべく抑え、手元に現金がより残るような選択肢を取るのも、経営者として賢い選択です。

 

MEMO
因みに、合同会社の代表は「代表社員」という肩書です。

社長っぽくないし、名刺に書くにはちょっとダサいけど・・「代表」って書いたり、肩書を載せないのもあり。

この記事では、税理士などに依頼せずに 自分で合同会社を設立(法人登記)した経験を元に、まとめます。

私の備忘録でもあります!税理士などに依頼せずに、自分で合同会社を設立したい人にとって無駄のない便利な記事に書きあげました。よかったら参考にしてみてください。

*あくまで私のケースなので、各自の自己責任でお願いします

合同会社設立の下準備

合同会社を登記申請する前に、必要な下準備があったので記録しておきます。

社名を決める

社名は必ず必要ですよね✨

サイト名を決めるときと同じですが、読みやすい・どんな事業か分かりやすい・覚えてもらいやすい会社名がおすすめ。

社印を注文する

【法人印鑑3本セット】実印・銀行印・角印

この手の法人3本セットにしました。

「実印」は会社の実印として使用します。

角印は領収書や契約先との契約書類で使用するらしい。電子サービスも普及してきているので、要らないのでは・・と思ったけど3本セットで3,000円台のにしました。

参考:【会社設立】印鑑3本セット

合同会社設立に必要な公的書類を用意する

  • 身分証明書のコピーかPDF(レンタルオフィスを契約する人のみ必要)
  • 印鑑証明書(印鑑登録をしていない人は、先に印鑑登録を住んでる区役所にて行い、発行する):代表社員就任届に添付して使う

使用していない銀行口座を用意する

合同会社を作る際、登記申請に必要な「出資金」を入金しておく口座を用意します。

会社の銀行口座は、合同会社の申請が不備なく通り、登記謄本を取った後に各銀行で口座開設手続きを行います。口座開設してもらえるまでの間は、個人の銀行口座を使用。

新たに「出資金」として入金する必要があります。

(必要な人のみ)バーチャル/レンタルオフィスを借りる

わたしがその昔、法人登記しようと試みたのは2007~2008年。
当時は登記可のレンタルオフィスが主流ではなかった時代。あるにはありましたが、高額でした。

いまは、法人登記可のレンタルオフィスやバーチャルオフィスがほとんど。
費用も1万円以下のところもあり、便利になったなぁ~・・と。レンタルオフィスから割り当てられた住所で登記しました。

MEMO
・バーチャルオフィス・・架空上のオフィス、実際に行って作業など行うスペースの貸し出しはナシ
・レンタルオフィス・・コワーキングスペースや会議室、秘書代行サービスなどもあり、クライアントとの対面やワークスペースが欲しい人向け

レンタルオフィスを借りる際は、郵便物などを転送してもらわずに、何かのついでに直接受取りに行くことも考えて選択。転送費用など手数料を節約できるので、ちりつも効果を狙います。

参考:全国展開のバーチャルオフィスKarigo

自力でできる!合同会社の設立方法

自力で合同会社を作るために参考にした記事。

とても分かりやすかったし役立ったのですが、実際に登記申請に行ったところ、上記ページだけでは不足していた部分があったので、当記事で網羅します。

合同会社設立に必要な書類は雛形でOK

合同会社設立の申請に必要な上記書類は、全て、わたしが参考にしたサイト内に雛形があったので、ダウンロードして使用しました。

各書類の書き方も紹介記事内に記載あるので参考に。
ここで書いてもいいけど、ほぼ丸パクリになるので省略(笑)

参考(外部リンク):法務局ホームページ内「合同会社」設立についてpdf

 

【注意】必要書類 記入前に知っておくと便利なこと

各書類は雛形でダウンロードでPCで文字入力→プリントアウトして提出するので、とっても簡単!

ただ、住所の記入方法を事前に知っておきたかった・・ので備忘録としてメモ。

住所記入は、「〇〇区〇〇 〇丁目 〇番 〇号」といった形で入力します。住民票など役所でもらう住所の書き方と同じに統一。

例えば、「〇〇区〇〇 1-2-3」などと記載してしまうと修正させられるかも?
(私は気付いて〇丁目の形式に修正し、提出したので、本当に修正させられるかは未確認)

合同会社の登記申請書類などに修正がある場合、その場で教えてもらい修正ではなく、「提出後に法務局員が確認→修正がある場合は代表社員に電話がくる→修正に法務局へ出向く」 無駄な作業が発生します。

指摘されたら後で直せばいいや精神ではなく、事前に分かる範囲でミスは潰しておきましょう。

MEMO
書類の住所記入は、「〇〇区〇〇 〇丁目 〇番 〇号」といった形で入力する

 

1、合同会社設立に必要な書類を用意する

  1. 定款 2部(収入印紙4万円分が浮くので、PDF化して電子定款がおすすめ)
  2. 代表社員の印鑑証明書 1部(住民票のある区で取得)
  3. 払込証明書(出資金が入金された通帳をコピーして作る)
  4. 印鑑届書(会社の印鑑/実印を登録する申請書)
  5. 代表社員就任承諾書(必要であれば、私は用意しました)
  6. 本店所在地及び資本金決定書(必要であれば、私は用意しました)
  7. 合同会社設立登記申請書
  8. 登記用紙と同一の用紙(オンライン申請、又はCD-R・フロッピーディスクに焼く)
  9. 登記申請費用6万円の収入印紙を貼る紙(コピー用紙可)

*代表社員が複数名いる場合は、「5.代表社員就任承諾書」「2.代表社員の印鑑証明書」は人数分必要

合同会社の設立に必要な書類は上記のみ。

因みに、当初は法務局のオンライン登記を目指しましたが、大変使いづらく、、目的の申請書を探すのも一苦労・・紙ベースでの登記申請に切り替えました。。

参考:法務局オンライン申請のご案内

 

では、合同会社設立に必要な書類、それぞれで注意すべきポイントをまとめます。
(というか私がミスったり、記事内で知りたかった情報)

1、電子定款

今回、会社の定款を電子定款で用意することで、約4万円の収入印紙代を節約できます。

PDF化して保管し、1部は「8.登記用紙と同一の用紙」と同じCD-R(又はフロッピーディスク)に焼きましょう。

*電子定款の作成については気が向いたらまた書きます

PDFファイルを「CD-Rかフロッピーディスクに焼く」ってほぼ死語ですよね・・。。せめてUSBでしょ、って思いますが、、オンライン申請への移動期間でしょうから、ここが快適になるのは期待薄。

ファイルを「CD-Rに焼く方法」については別項にて。

2、代表社員の印鑑証明書1部

代表社員(株式会社でいう社長など)の印鑑証明書を用意。

個人の印鑑(実印)を印鑑登録していない場合は、住民票のある区役所で印鑑登録し、発行してもらいましょう。(1部450円ほど)

代表社員が複数人いる場合は、各自分用意。

3、払込証明書

合同会社設立のための出資金は、1つの銀行口座に集めます。

その出資金が入金された証拠となる通帳コピー(通帳表・裏・入金されたページ)をホチキスでまとめて添付します。

4、印鑑届書

合同会社で使用する実印を登録します、という申請書。

5、代表社員就任承諾書

株式会社でいう社長や代表取締役などは、合同会社では「代表社員」といいます。

私が代表社員をやります、という就任承諾書。
代表社員が複数いる場合は、各自分用意。

6、本店所在地及び資本金決定書

合同会社の所在地と、資本金の合計額を記載。

*レンタルオフィスで登記する際は、割り当てられた住所を記入します

7、合同会社設立登記申請書

合同会社を設立したいです、という旨の申請書。

8、登記用紙と同一の用紙

「登記用紙と同一の用紙」というちょっと意味が分からない名前の書類を作成します。

しかもこのよく分からない「登記用紙と同一の用紙」という書類は、他と異なる形式で添付します。

  • オンライン申請
  • CD-Rかフロッピーディスクに焼いて提出

CD-Rかフロッピーディスクに焼いて提出する場合は、「登記用紙と同一の用紙」に書く内容をPCのメモ帳エディタで .txt 形式で作成する作業も発生。

以前は専用の紙(紙質が特別なよう)が法務局で配布されていましたが、オンライン申請を普及させるべく?今では配布終了。

オンライン申請を諦めたので、CD-Rに該当ファイルをコピーして登記申請書に添付しました。

CD-Rにコピーする(焼く)ってほぼ死語ですよね・・私は以前経験があり、自宅にカラのCD-Rもあったし、さくっと作成。やってみようって人はこちらの記事が参考になります。

参考(外部リンク):CD-R/RWやDVDに書き込む方法

9、登記申請費用6万円の収入印紙を貼る紙

以外と忘れがちな、収入印紙を貼るための紙。

コピー用紙でいいので、持参します。

2、収入印紙を買って貼る

合同会社設立に必要な申請費用は6万円。

切手みたいな6万円分の収入印紙は、用意していた紙(コピー用紙)に貼って提出。
収入印紙は、法務局(出張所)の登記申請スペースそばや同じ建物内で買えます。因みに、現金のみの取り扱い。

現金を持ち合わせていない場合は、同建物内に銀行ATMがあったりするので確認してみましょう。

3、合同会社の登記申請を行う

上記書類が作成完了できたら、法務局に必要書類を持参して申込します。

レンタルオフィスの住所を借りて登記する場合、管轄の法務局(出張所)は、レンタルオフィスで借りている住所になります。
自分の住んでいる地域の管轄とは限らないので、注意が必要です。

登記申請書類に不備があれば電話がかかってくる

合同会社の申請は、上記書類一式を法務局(出張所)窓口に提出するだけ。

必要書類が揃っているか?など簡単なチェックをしてもらうことはできますが、書類内の内容確認は、提出後に行われます。

問題がなければ、約1週間で登記完了。

不備があれば修正に来るよう電話があるので、追加のものや書類への修正後に押す印鑑も忘れず持っていきましょう。

合同会社設立㊗登記完了後にやること

申請書などを提出したら、だいたい1週間程度で登記完了!

法務局(出張所)の受付カウンターで確認し、登記完了予定日にも念のため電話確認してみましょう。

1、設立完了した合同会社の謄本を取る

設立した合同会社の登記簿謄本を、法務局(出張所)などでもらいます。大体3部

使用先は、会社の銀行口座開設、契約したレンタルオフィスへ登記完了したことを伝える、税務署への申告、など。その他、厚生年金や健康保険組合などへの加入時にも使用するかも。

2、法人名義の銀行口座を開設する

法人名義の銀行口座開設・・これは昔より審査が厳しくなった様子。

幾つか情報を参考にしつつ、挑戦して追記します!

 

ここから先は、合同会社にしようと決めるに至った情報を記載しておきます。

合同会社のメリット

  • 申請費用が6万円と安い
  • 用意する書類も少ない
  • 税理士不要、自分で登記申請できるほど簡単

合同会社設立のメリットは、なんといっても申請費用が6万円で安く設立できるところ。
株式会社の設立には、最低でも20万円~は必要なので、3分の1程度の費用で会社設立できちゃいます。

必要書類も上記で済むし、私のように雛形を活用して1日半で作成できちゃうほど簡単(*^^*)

共同代表での設立も可能

合同会社は、複数人で代表社員(株式会社でいう社長など)になることも可能。

ブロガーやアフィリエイターで、それぞれが得意な能力を持ち寄り、共同で会社を作りたいケースもありますよね。

ブログやアフィリエイトは基本1人でやる仕事なので、誰かに指示されて仕事をするのは苦痛な人が多いもの。
誰か1人が社長になって経営指揮を執るより、各社員が代表社員となり、社長意識で活動する方が向いてると思います。

自分が下の立場になった途端、やる気を失くす・・なんてこともないので、合同会社の社員それぞれが代表社員の形も悪くないと思います。

1人で会社運営するというストレスの緩和、外注すべき仕事も社内で補完し合えます。

合同会社のデメリット

合同会社のデメリットは、株式会社じゃないところ・・(笑)

  • 株式上場を狙っている
  • 株式会社としか取引しないと取引先から言われている

上記場合は合同会社設立はおすすめできません。

合同会社とは?

そもそも合同会社って何?って人もいますよね。

合同会社とは、日本では2006年から導入された会社形態。
日本で有限会社設立が廃止になり、アメリカで認められている合同会社(LLC)を参考に導入された会社形態。

近年ようやくちらほら見かけるようになり、appleやAmazon など有名企業が導入したことで、日本での合同会社の信頼や浸透が進んでいます。

有名企業も実は合同会社

  • グーグル合同会社
  • アマゾンジャパン合同会社
  • Apple Japan合同会社
  • ソフトバンクグループジャパン合同会社
  • 合同会社西友

みんな大好きGoogleも、実は合同会社(LLC)💕

アフィリエイターやライター業、レバレッジ額を上げたい人が法人化する場合など、株式会社にこだわる必要がなければ、合同会社による法人化は今後ますます増えそう。

自分で合同会社を設立してみて分かったこと

会社設立しようと決まったものの、会社設立なんて初心者。

素人すぎて、そもそも何が必要なのかさえ不明、、
ググっても1記事で自分の知りたいことが網羅されておらず、あちこちの記事を読んで知識吸収する日々。。

限られた時間の中での事前準備が、すごい手間でした、、
税理士や司法書士に依頼することも考えましたが、依頼費用を抑えて事業資金に回したいですよね。

とはいえ、この記事を読んでこんなにめんどくさいことはしたくない( ;∀;) って人は、税理士への依頼が日々の業務へのしわ寄せもなく便利。

一度、相談だけでもしてみてもいいと思います✨

>>近所の税理士を探している方はコチラ

いままだ登記中なので、もしかしたら修正が発生するかもしれません。その際にはまた追記します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です