オトナの女性の・心とカラダに優しい・シンプルな暮らし

【香水の種類】パルファム、オードパルファム、オードトワレ、オーデコロンの違い

香水をみていると、「オードトワレ」と書いてあったり「パルファム」とかかれていたり。

sarry(さりぃ)

日本では「オードトワレ」か「オードパルファム」の香水が多いです

サルバトール・ダリが愛する奥様のために作った香水「ダリア」は、香水の中では下から2番目に軽い分類。

パルファムのように使っている香料が高価だったり、濃度が濃いと値段が高めになります。その分長い時間しっかり香るので、夜はパルファム、昼間は香りの持続時間が3~4時間のオードトワレを選ぶなど使い分けもできます。

香水の種類は大きく4つ

簡単に説明すると、香水は大きく4つの濃度に分類されています。

  1. パルファム(英:パルファン)・・・濃度15~30%、持続時間5~7時間。香料の濃度が高い分、長く香り、値段も高め。
  2. オードパルファム(英:オードパルファン)・・・濃度10~15%、持続時間5~7時間。香料の濃度がパルファムより少し低い分、価格も少し下がる。
  3. オードトワレ・・・濃度5~10%、持続時間3~4時間。パルファムやオードパルファムより香りも強くない(きつくない)ので、普段使いにおすすめ
  4. オーデコロン・・・濃度1~5%、持続時間1~2時間。シャワーを浴びるような感覚で、パシャパシャと使う方が多い。10代の学生さんやスポーツをするとき、初めて香水を使う人におすすめ

全てを称して「香水(こうすい)」と呼んでいます^^

 

「40代女性のクローゼット・香水」カテゴリをのぞき見する>>

トップページはこちら>>