獲得免疫「ヘルパーT細胞・B細胞・キラーT細胞」の働き

私たちの身体を病気から守っている免疫システム。

  • 第一段階の「自然免疫(しぜんめんえき)」
  • 第二段階の「獲得免疫(かくとくめんえき)」

の2段階で働いています。

この記事では第二段階「獲得免疫」のヘルパーT細胞、B細胞、キラーT細胞の働きについてまとめます。

>>第一段階「自然免疫」についてはこちら

獲得免疫の司令塔「ヘルパーT細胞」が敵の侵入を伝える

自然免疫「マクロファージ」から体内へ侵入したウイルスの断片を腕にはめられたヘルパーT細胞は、体内の獲得免疫に「敵だーー!」と敵が侵入したことを伝えます。

敵(ウイルス)は特定されているので、「獲得免疫」とよび、ここからの免疫システムの攻撃はとってもパワフル!

B細胞がウイルスに合った抗体を作り増やす

敵の侵入を知ったリンパ球の一種「B細胞」は、抗体(こうたい)を作ります。

抗体とは直接「異物(ウイルス)」を壊す分子

抗体もヘルパーT細胞のように表面の凸凹具合が細胞ごとに異なり、特定の異物(ウイルスなど)を攻撃して壊していきます。

ヘルパーT細胞はとっても賢いので、体内にいまいる敵(ウイルス)に合う抗体を作るB細胞だけを増やします。一気に増えたB細胞は、ウイルスを攻撃する抗体だけをどんどん作り、ウイルスはどんどん壊されて体内から減っていくのです。

B細胞はいちど攻撃したウイルスを覚えている!

B細胞はいちど攻撃した敵(ウイルス)を覚えていて、再び同じウイルスに感染した場合、初回よりももっと早いスピードで増殖し、ウイルスを退治します。

いちどかかったことのあるウイルス性の病気にかかりにくくなる(免疫ができる)のは、B細胞の記憶力のおかげなのです(#^^#)

>>「免疫力とは?」まとめページへ

>>当ブログトップページへ