オトナの女性の・心とカラダに優しい・シンプルな暮らし

人に依頼することがニガテな私が、はじめて【仕事外注】してみたよ!

免疫力を上げるブログ

「人に何かをお願いする」こと・・得意ですか?

  • 人に甘える
  • 人を頼る(依頼する)

上記が「得意な人」と「ニガテな人」がいますよね。

 

第一子のわたしは、物心ついたときから母の負担を減らそうと自ら手伝いをしていたこともあって、人に甘えたり、人に何かをお願いすることが得意ではありません

「兄弟姉妹の一番上」とか、「共働き家庭」で育った人は「自分がやらなきゃ」って気持ちが強いんじゃないかな・・

そんな「人様を頼る(依頼する)のがニガテ」な私が、お仕事を依頼してみました!

「外注さん使ってみたいけれど・・」まだ未経験の人や、「人様に何かをお願いするのがニガテな人」にぜひ読んで欲しい記事です。

あなたが知っているかもしれない「あの人」が出てきますよ~!

【仕事依頼】はじめての外注さん

今回、初めて「サイト作成」のことで人様の手をお借りしました。

「外注」さんという形になりますが、Twitterでやり取りしてもらったり、普段から発言を目にしてきた人だったので敷居(しきい)は低かったです(*’▽’)

私には2006年から運営しているサイトがあります。

独学で作成してずっと一人でやってきたのですが、2月にワードプレスに移行し、301リダイレクトでつまづいてしまいました。

リダイレクトできるページとできないページがあり、できない原因はなんとなく推測できましたが、ワードプレスを使いだして3ヶ月ほどの私には、ワードプレスの仕様や知識がないために「こういうことはワードプレスではできない」といった結論を出すことができなかったのです。

できない仕様ならば諦めもつくし、他の方法を取り入れるのですが、「できるかできないのか」が分からないのです。

そこで、ワードプレス「ブログサポート」を受けている(@ゆうこりん)さんにお願いしました。

参考 ブログサポートゆころぐ

 

はじめての【外注】使ってみてどうだった?

結論:よかった!(/・ω・)/

とはいえ、私は今回がはじめての外注依頼でしたので、他の人だったら結果が異なる場合もあります。

なので、「ゆうこりんさんに依頼して良かった」が正しい結論ですね。

何が良かったのか?まとめてみます。

外注依頼して良かったこと

  1. 問題が解決した(これありき)
  2. プロ目線での意見を知ることができた
  3. 一緒に考えてくれる人がいる心強さ

1)の「問題が解決した」は当然ですが、仮に実現できなかったとしても「これはワードプレスではできない仕様」だと知ることができれば、気持ちは解決します。

2)は、私はずっと独学でサイト作成や運営を続けてきたので、コードの書き方とか古いままだったりします。「こういう使い方はエラーを招きやすい」といったことも平気でやっているので、きちんと学んできたプロにサイトをみてもらうのは恥ずかしいです、、

(ゆうこりんさんは独学で学んだそうです)

今回、ゆうこりんさんにサイト構造チェックを依頼したわけではないのですが、やり取りの中で「ポロっ」と呟かれるので勉強になりました^^

 

そして3つ目。

ブログ運営もそうですが、何でもかんでも自分で決めてやる孤独な作業です。

「ブログが長く続くか続かないか?」は、「孤独が平気か」って部分と通じていますよね。

複数で集まってワイワイ作業する時間もあるけれど、一人で黙々とPCに向かうことが苦痛ではないかどうか。

 

外注さんに依頼した問題が解決できてもできなくても、一緒に「こうしてみましょうか」「これはこっちのやり方の方がいいですよ」と、解決に向かって一緒に悩んでくれる人がいるって、ずっと孤独に作業を続けてきた私にはとても心地良かった。

基本は一人で黙々とPCに向かうのが好きですけどね^^

外注依頼するときに気を付けたいこと

依頼内容によりますが、ワードプレスの設定や環境をみてもらう場合、契約しているサーバーやワードプレスのログイン情報やファイルなどの中身など、まるっと見てもらうことになります。

注意
サーバーやワードプレスのログインパスワードは、事前に変更して伝えること!

問題解決した後のパスワード変更もお忘れなく

これ大事です。

依頼内容「こうしたい」をしっかり決めて伝える

今回は初めて人様に仕事依頼したので、「伝え方」も勉強になりました。

人に何かを伝えるのって、スムーズにいかないこともあるし、その説明が負担だから「人に頼まないで自分でやる」ってこともありますよね。

依頼される側は「支持があればやるけど、支持がないからやらない(できない)」気持ちがあるんだろうな・・「勝手にやらないでよ!」ってパターンもありますからね。

お仕事依頼する場合は、「こうしてください」っていう方向性をブレないように伝えていくことが大切です。

まとめ:もっと人を頼ろう!

これまで、家事も育児も仕事も・・ほぼ全てを一人で背負ってきました。

人に甘えたり頼るのがニガテな人にとって、何かを依頼するのってハードル高いですよね、、

でも、依頼することで自分の時間が空き、その分、別のことをできる!

当たり前だけど、ココロも身体もラクになります。
私のような人手が足りないシングルママや、登校園前の小さなお子さんのお世話をしながら仕事しているママ・パパさん、もっと人様を頼りましょう(^^)/

・・次は、記事外注してみようかな・・!(別ブログでね)

 

あなたの日々の暮らしが、少しでも快適なものになりますように!

 

\「その作業、ほんとうにあなたがやらなきゃダメですか?」/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です